FC2ブログ

ホッピーでHAPPY!―


 ホッピーでHAPPY!―を読んだ。
 三代目のちょっとお馬鹿なお嬢さんの成長物語だ。
 なぜ彼女が三代目になるかというと二代目の娘だったという偶然に過ぎないが、これが資本主義社会の習わしである。
 しかし、彼女に経営の才能がなければ会社は倒産するだけだから資本主義社会も結構大変だ。

ホッピーでHAPPY!―ヤンチャ娘が跡取り社長になるまで (文春文庫)

 彼女はしかし成功した。
 彼女が成功したのは、一倉定という人を知りその弟子(小山昇)に弟子入りしたからであろう。
 人との出会いは大切である。

 それにしても本書によると小山昇の実践経営塾は高い。17日間で150万円である。
 しかし、それだけの価値は十分にあるだろう。
 ただし、われわれには17日に150万円を支払う財力がない。
 そこで本から学ぶしかない。

経営計画は1冊の手帳にまとめなさい

 本だとたったの1500円だ。

 さて、僕はよくうちの学生に、ウンコにはウジ虫とハエがたかる。
 友を見ればその人はわかる。なぜか。
 類が友を呼んでいるからだ。
 ウンコやハエやウジ虫になってはいけない。

 本書を読めば、きっと我々も成長できるだろう。
 人生は勉強である。
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する