FC2ブログ

「待てない時代にどう育てるか~人間教育を支えるもの~」

 今日も5時前に目が覚めたので、午前5時00分から午前6時00分(放送時間60分間)までNHK教育テレビをみた。
 大変勉強になった。

 話し手は、基督教独立学園高校校長安積力也先生だった。真の教育者とはこのような人をいうのだろう。

教育の力―『教育基本法』改定下で、なおも貫きうるもの (岩波ブックレット)

「● テーマ 「待てない時代にどう育てるか~人間教育を支えるもの~」
 ● 内容
  山形県小国町の豊かな自然に囲まれた山中で教師と生徒が24時間生活を共にする高校がある。
  校長の安積力也さんに、生徒たちの心の成長について伺う。」


 「主を畏るるは学問のはじめ」(箴言1:7)がヘブライ語で校舎に書かれている。

 建学の精神は、内村鑑三の次の言葉。
 
  読むべきものは 聖書
  学ぶべきものは 天然
  なすべきことは 労働

 この高校の入学時には生徒と次のような契約の書をかわす。

 (1) 酒を飲んだり、たばこを吸ったりしないことを約束できますか。
 (2) 人格的ふれあいを大切にし、他の人に対して、精神的・肉体的苦痛を与えること(いじめやいやがらせなど)をしない。このことを約束できますか。
 (3) 暴力をもって、物事の解決手段としない。このことを約束できますか。
 (4) この学校では、広やかな男女交際をめざしています。特定の一対一の男女交際をしないことを約束できますか。

 さらに次のような約束をする。

(1) あなたは、品性を高めるために、低級な娯楽、けばけばしい服装および流行を追うようなことから離れ、ノーブル(高尚)なものを求め、簡素な生活をすることを努力しますか。
(2) あなたは、学生の本分である勉強に真剣に取り組むことを約束しますか。
(3) あなたは、学校や寮の規則および日常生活における約束ごとを守り、友人の心を大切にしてより良い共同生活を築き上げるよう努力することを約束しますか。
(4) あなたは、自分の行動について、他人も行っているからといって、自分の責任を免れることはできないということを承認できますか。


 
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する