FC2ブログ

新潟大学の研究科長との対話

 新潟大学法科大学院のみなさんが岡大ローを訪問されたが、新潟大学の研究科長がお話をしたいというので1時間ほど二人でお話をした。

 なぜ岡大ローが昨年8人なのに今年は23人なのかという点に質問は集中した。
 結局、8人だった学年との違いを説明した。
 さらに言い忘れたことがあった。
 彼らはとても勤勉なのだ。

 新司法試験の次の日から、休むことなく田近先生の憲法などにでていたし、6月からはじまった学外の団体の実施する課外の有料講座に申し込んで翌年に向けて勉強をフル回転で再開していた。
 そのお金は無駄になったが、みんな蓋を開けると合格していた。
 例年だと、合格を期待して発表までぶらぶらするのが普通である。

 つまり、彼らの勤勉が合格者増の最大の原因だというのを伝えるのを忘れていた。

 8人だった前年度の学年は、TKCの模試には申し込まないし、学外の団体の実施する講座は申込者がまったくなく中止という有り様だった。

関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する