FC2ブログ

弟を発見

 週刊現代に弟が出ていると聞いたので入手する。

 なるほど、10月8日号の

 『「霞ヶ関の大魔王」勝栄二郎 危険極まりなし』

 という高橋洋一と長谷川幸洋の対談の中に(41頁下段右端のすみっこ)にちょこっと名前がでていた。

関連記事
スポンサーサイト



Comment

ロー生 #- - URL
2011/09/28 (Wed) 05:58

先生の弟様は権力の中枢にいる大魔王の側近ですか?「魔」という言葉は人の善事の妨害をなすものとのイメージがつきまといますが、一方で、魔力、魔性、魔法といった神秘性を持つ言葉でもあります。そう言えば井藤先生も魔術を伝授なされていたような……ちなみに、発明王エジソンは彼の研究所のあった地名から「メンロパークの魔術師」と言われていたそうです。

No title
P&Cの井藤 #- - URL
2011/09/28 (Wed) 06:27

 文部科学省から堅く禁じられている黒魔術を昨年あまりにも岡大ローの結果が酷かったので今年は使ってしまいました。深く反省しています。

No title
P&Cの井藤 #- - URL
2011/09/28 (Wed) 06:36

 弟は、大蔵官僚というか今は財務官僚というのでしょうか。いずれにしろ どじょう内閣は財務省直営の大増税シフト内閣ですので、財務官僚として権力の端っこにただちょこっといるというだけではないでしょうか。
 以前は、金融商品取引法などの立案担当者でしたし。


ロー生 その2 #- - URL
2011/09/28 (Wed) 17:06

反省なんて、と、とんでもないです……一層の大魔術を期待しておりますm(_ _)m

ロー生 その3 #- - URL
2011/10/01 (Sat) 17:35

 鋭い内容の記述をネットで見つけたので参考までに・・・
(個人的には、下記の記述は岡大ローにほとんど該当しないし、個人戦より集団戦のほうが好ましいと思っています)

★法科大学院のもつ悪魔の機能★ 
~意識分散機能~

 あなたは法科大学院に「意識分散機能」という悪魔の機能があることをご存知だろう?
 家や自習室で目の前にある問題集や基本書を黙々とつぶして おればメキメキ法律の実力がついていたはずのところ、法科大学院で新司法試験と関係のない授業やレポート課題、予習、などあまりにも多くのメニューをこなしたために、意識が分散してしまい、結局なにもえられないばかりか、法科大学院を修了するころには、入学前に覚えていたはずのことですら「・・・・・・それ、なんだっけ?」といった状態に なってしまう。    こうして、前途ある若者の人生が根本的に破壊される。
 これが法科大学院の「意識分散機能」と呼ばれる悪魔の機能である。
 悪魔はいつも、あなたのすぐそばに、いる。
(このような可能性もあるという自覚を持つことは大切ではないでしょうか?)

P&Cの井藤 #- - URL
2011/10/02 (Sun) 07:16

 僕は、それらには基礎知識分散機能があると考えています。
 基礎知識が分散してしまうので司法試験には受かりません。

法曹倫理受講生 #- - URL
2011/10/03 (Mon) 22:22

法曹倫理の時間での、溝淵さんのお話しは凄く参考になりましたし、励みにもなりました。不利な条件を見事に克服されたことは、聴講していたロー生のモチベーションをグッと高めたと思います。精一杯努力して、人事を尽くして天命を待つくらいまでやれば、運も味方してくれると信じたいです。いいお話し、ありがとうございました。

P&Cの井藤 #- - URL
2011/10/04 (Tue) 19:52

 それはお役にたてて嬉しいです。溝渕さんの話は、僕にも大変ためになりました。それに話の内容が心を打ちました。


Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する