FC2ブログ

正法眼蔵随聞記 1の1

 はづべくんば明眼の人をはづべし。

 昨日の夕方は、会館委員会。
 そして夜は、岡法会慰労会だった。阿部先生を中心に楽しい時間が過ぎていった。
 そして、今日、また今日も朝4時に目が覚めてしまった。。。
 ろ、老化現象かも。。。。。

 ま、そういうことで、最初に書いた正法眼蔵随聞記の1の1でもとりあげよう。
 では、「明眼の人」とはだれであろうか。
 誰あろう自分自身である。

 「誰も見ていないからと悪いことをする。しかし、必ず見ている人がいる。それは誰でしょう」とよく授業で生徒に質問してみるが。
 答えは、神様やお天道様でもなく「誰あろう自分自身がみているではないか」ということだ。

 では、みなさんとともに今日もがんばりましょう。

関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する