FC2ブログ

争わない

 たとひ我れ道理を以ていふに、人僻事をいふを、理を攻て言ひ勝つは悪きなり。次に、我は現に道理と思へども、「吾が非にこそ」と言って、負けてのくも、あしばやなると言ふなり。ただ人をも言ひおらず、我僻事にもいいおおせず、無為にして止めるが好きなり。耳に聴入れぬやうにて、忘るれば、人も忘れて怒らざるなり。第一の用心なり。(正法眼蔵随聞記2・7)

関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する