FC2ブログ

そんなの弁護士の仕事じゃない!

 岡大ローはインハウスローヤーの養成に驀進しているわけですが、聞くところによると、とある岡大ロー出身のインハウスローヤーにやっている仕事の内容を聞いた同期のマチ弁が、そのインハウスローヤーに対し次のような言葉をなげかけたそうです。

 マチ弁 「そんなの弁護士の仕事じゃない」

 しかし、その弁護士の言葉は不正確だと思うよ。弁護士は言葉に正確にならないとね。
 そんなの「マチ弁の仕事じゃない」だよね。そりゃそうだよインハウスなんだからね。

 ある岡大ロー出身のインハウスは、セリに参加して競り落としたと楽しそうに語っていたそうですが、企業も一般より高い給料を出しているわけだから、その会社の業務の流れや仕組みを理解させるためにそういうのに参加させているだけでいつまでもそんな仕事をさせるわけはないし、そういう仕事をやってもらってみてそのインハウスの人柄をテストしているという面もあるよね。
 銀行に入った岡大ロー出身のインハウスは、他の新入社員と一緒に支店に配属されて3ヶ月間は札の数え方からはじまる研修を受けていたけど、その後は他の新入社員と異なり本店の法務部に戻り、その後はマチ弁の仕事も覚えるようにと弁護士事務所に出向したりして順調にキャリアを積んでいるわけで、企業だっていつまでも法曹資格のない人と同じ仕事はさせないよ。

 インハウスの話はこのくらいにして、この同期のマチ弁はそもそも自分が「弁護士」という檻に入ってしまっているんだということを理解していないよね。
 この時代マチ弁だって時代の流れに応じて職域を拡大していかないと生き残っていけない。
 若いのに、そんなの弁護士の仕事じゃないと言って伝統的な弁護士という「檻」に入っている姿には、さらに俺は弁護士だぞという奢りも感じられるよね。もうそんな時代じゃないのにね。

 インハウスが新たな職域を拡大しているように、若いマチ弁には、伝統的な弁護士像にとらわれず、職域をどんどん拡大し、新たな業務を開拓し、また、昔のような若者のあこがれの職業に弁護士という仕事がなるように頑張ってもらいたいよね。

 参考1 ← クリック

 参考2 ← クリック


関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する