FC2ブログ

刑事実体法演習


 立花書房様より最新刊「刑事実体法演習」をご恵投いただきました。

刑事実体法演習 (~理論と実務の架橋のための15講)
刑事実体法演習 (~理論と実務の架橋のための15講)


● 現役刑事裁判官の事例解決型の思考過程を学ぶ
● 現・元法科大学院派遣裁判官及び元司法研修所教官の分かりやすい解説

 執筆者は、監修者の元裁判官(現在はロー教授)を除き全員現職の裁判官である。
 しかも、法科大学院で教員の経験のある者が大多数で現行の司法試験をよく分析している。
 設例は、新司法試験にマッチした長文で、設問に対する「ポイント」として重要な論点及び判例が過不足なく説明されている。
 また、設例に取り組む際のアプローチが示され、「どの事実に着目し」、どの「条文、判例」を用い、どのような思考方法により個別具体的な事案を解決していくのか、といった筋道が実務家の視点から示されている。
 さらに、「犯罪事実記載例」を全ての解説の末尾に掲載されているのは驚きであるとともに大変勉強になる。
 実務家が作問するであろう今年の司法試験の予想問題集としてこれほどすぐれた本はないであろう。

関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する