FC2ブログ

金持ちとラザロ

 10月16日は聖書を読む会でした。
 場所は、ノートルダム清心女子大学ヨゼフホール2階です。
 今回は、金持ちとラザロ(ルカによる福音書16章19~31節)でした。

 ある金持がいた。彼は紫の衣や細布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮していた。
 ところが、ラザロという貧乏人が全身でき物でおおわれて、この金持の玄関の前にすわり、
 その食卓から落ちるもので飢えをしのごうと望んでいた。その上、犬がきて彼のでき物をなめていた。
 この貧乏人がついに死に、御使たちに連れられてアブラハムのふところに送られた。金持も死んで葬られた。
 そして黄泉にいて苦しみながら、目をあげると、アブラハムとそのふところにいるラザロとが、はるかに見えた。
 そこで声をあげて言った、『父、アブラハムよ、わたしをあわれんでください。ラザロをおつかわしになって、その指先を水でぬらし、わたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの火炎の中で苦しみもだえています』。
 アブラハムが言った、『子よ、思い出すがよい。あなたは生前よいものを受け、ラザロの方は悪いものを受けた。しかし今ここでは、彼は慰められ、あなたは苦しみもだえている。
 そればかりか、わたしたちとあなたがたとの間には大きな淵がおいてあって、こちらからあなたがたの方へ渡ろうと思ってもできないし、そちらからわたしたちの方へ越えて来ることもできない』。
 そこで金持が言った、『父よ、ではお願いします。わたしの父の家へラザロをつかわしてください。 
 わたしに五人の兄弟がいますので、こんな苦しい所へ来ることがないように、彼らに警告していただきたいのです』。
 アブラハムは言った、『彼らにはモーセと預言者とがある。それに聞くがよかろう』。
 金持が言った、『いえいえ、父アブラハムよ、もし死人の中からだれかが兄弟たちのところへ行ってくれましたら、彼らは悔い改めるでしょう』。
 アブラハムは言った、『もし彼らがモーセと預言者とに耳を傾けないなら、死人の中からよみがえってくる者があっても、彼らはその勧めを聞き入れはしないであろう』」。


関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する