FC2ブログ

代ゼミ第1回センター模試

 長女が、代ゼミ第1回センター試験模試の現代文が難しかったと言っていたので、読んでみた。

 第1問は、田中久文の『日本の「哲学」を読み解く』からだ。
 西田幾多郎の「無の哲学」の話だったが、背景知識があると簡単な問題だ。
 読めないのは要するに背景知識が欠けているのだ。


日本の「哲学」を読み解く―「無」の時代を生きぬくために (ちくま新書)日本の「哲学」を読み解く
(2000/11)
田中 久文

商品詳細を見る


 第2問は、辻邦生の『北の岬』からだ。
 中学生のころに辻邦生の小説をよく読んだのを思い出した。
 そう難しくない問題だが。はて。


北の岬 (新潮文庫 つ 3-3)北の岬 (新潮文庫 つ 3-3)
(1974/03)
辻 邦生

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト



Comment

匿名 #- - URL
2014/06/07 (Sat) 10:07

父と娘の大学受験奮闘記という感じですね(笑)。

ほのぼのしていて良いなぁと思います。

私は父も母も亡くなったので、何か懐かしいような微笑ましいような気持ちで読んでいます。


お嬢様、合格なさると良いですね!御健闘をお祈り致します。

ついでに井藤先生も受験なさったら、SFC合格しちゃうんじゃないでしょうか(笑)?


いや井藤先生はやはり同志社ですかね!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する