FC2ブログ

言葉の力

 僕の一族には日蓮宗の坊さんが多いのですが、日蓮上人の言葉に次のようなものがあります。

「我が門家は夜は眠りを断ち昼は暇(いとま)を止めて之を案ぜよ、一生空しく過ごして万歳く悔ゆること勿れ」(富木殿御書)

 あと、僕は同志社出身なので、新島襄先生の次の言葉もあります。

「男子たるものは、1度戦って負けてもやめてはならない。2度目、3度目の戦いのあとでもやめてはならない。刀折れ矢尽きてもなお、やめてはならない。骨が砕け、最後の血の一滴まで流して、初めてやめるのだ」(新島襄)

 昔、司法試験受験生だったころの僕にとって「之」や「戦い」は、司法試験だったので、この2つの言葉を机の前にはって勉強していたのをふとさっき思い出しました。
 只管打坐ではなく只管司法試験の勉強だったのです。


関連記事
スポンサーサイト



Comment

匿名 #- - URL
2014/04/13 (Sun) 05:32

P&Cの赤い本には書かれていなかったので驚きました!日蓮の御書の一節を貼って勉強されていたとは!
日蓮は禅天魔と禅宗を論破したので、座禅をなさる井藤先生は日蓮が嫌いなんじゃないかと・・・。

加藤晋介先生が、講義中に脱線して、立正安国論を読みきったと話されたのが懐かしいです!


公明党は日蓮精神を忘れるなよと言いたいです!

P&Cの井藤 #- - URL
2014/04/14 (Mon) 06:58

 岡山は備前法華と昔からいいますからね。
 子供のころ親がくれた絵本は、日蓮聖人の物語でしたし。。。
 僕自身も最上稲荷が日蓮宗に復帰する前の単立寺院のころに宗教法人法の改正に対応するために顧問弁護士をしていましたし。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する