FC2ブログ

弁護士の間で話題の1冊


絶望の裁判所 (講談社現代新書)





  明大ローの瀬木先生の本です。昔、瀬木先生がペンネームで書いた下の本 ↓ を読んだことがあります。


心を求めて―一人の人間としての裁判官心を求めて―一人の人間としての裁判官
(1996/11)
関根 牧彦

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト



Comment

匿名 #- - URL
2014/02/22 (Sat) 21:18

裁判官の独立は如何なもんなんでしょうね!
やはり未だに自衛隊問題の時のように裁判官に書簡での圧力があるんでしょうか?
私にとって不可思議な世界です。


ところで、遂に我が母校も、井藤先生の母校同志社もフォーチュンクッキー出ましたね(笑)。
残念ながら岡大が無い……。

http://www.youtube.com/watch?v=WypjqkSbx1k&sns=em


岡大はお堅いんでしょうか(笑)。

P&Cの井藤 #- - URL
2014/02/24 (Mon) 18:38

 岡大のは出そうにないですね。
 同志社のはやっと出たんですね。
 キャンパスが同志社はやはりお洒落ですね。


瀬木さんと安倍さんは別人ですよ
poko #JalddpaA - URL
2014/04/23 (Wed) 05:52

瀬木比呂志さんのペンネームは関根牧彦です(著作は「心を求めて」など)。
安倍晴彦さんは、瀬木さんとは全くの別人ですよ。

P&Cの井藤 #- - URL
2014/04/23 (Wed) 06:51

 ご指摘ありがとうございます。
 両方読んだことがあるので題名を混同していました。
 訂正をしておきました。


Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する