FC2ブログ

ソロモン流『賢人:須藤元気』

 昨日は、神戸に家族で買い物に出かけた。
 夜、帰ってきてテレビをつけると「ソロモン流」に須藤元気が出ていた。




 ・須藤元気の元気は「がんばれ元気」からついた
 ・ダンスの動きと服装はハリウッド映画に出てくる日本人
  「THIS IS JAPAN」これこそ定型的日本人
 ・本当にできる人っていうのはできる人を周りに固める
 ・本当に頭いい人は頭のいい人の頭を使う人
 ・格闘技の技は、バーチャファイターを参考にした
 ・本は速読、1冊30分くらいで読み、複線で読む
 ・読者に構えさせない文章作り
 ・人って「笑うとその人を嫌いになれない」っていう習性がある
 ・迷った時はコイン投げが一番。この世界に偶然はないから
 ・人が面白いねというものは、想像の範囲内なので、すでに存在するから駄目ということ
 ・人が目にする作品は、妥協しない
 ・よくなるには回数やらなきゃダメ。体に染み込ませないと
 ・自宅(ログハウス)は、北海道・網走郡の女満別空港から車で30分の場所にある
 ・ネコは呼んでもこないからいい

 さすが、宇宙人と交信する須藤元気だ。勉強になった。


バシャール スドウゲンキバシャール スドウゲンキ
(2007/11/23)
須藤元気、ダリル・アンカ 他

商品詳細を見る




関連記事
スポンサーサイト



Comment

匿名 #- - URL
2013/05/06 (Mon) 20:54

他人(優秀な)の頭を使う、反復継続等、まさにP&C方式ですよね。行き着くところは共通するんですね。

書店で木村草太先生の「憲法の創造力」と、内田貴先生の「民法改正」が隣り合わせでありましたが、木村草太先生の書籍は残り僅か。内田先生の書籍は山積みでした……。

なめこは独走状態でした(笑)!

No title
P&Cの井藤 #- - URL
2013/05/06 (Mon) 22:34

 何ら立法事実のない民法改正という内田先生の野望が打ち砕かれますように。

 木村先生の本は売れるでしょうね。なめこには勝てないでしょうが。

匿名 #- - URL
2013/05/07 (Tue) 14:00

憲法判例で有名な、北方ジャーナル事件で名誉毀損された五十嵐広三氏死去(87歳)。百選では実名ではありませんでしたが、後に知り、旭川市長や官房長官だったのかと……。村山内閣の官房長官だったのは記憶にありましたが。もう随分年月が経ったんですね。
加藤晋介先生が、判例解説でブラック雑誌だと滅多斬りしていらっしゃいました(笑)。

No title
P&Cの井藤 #- - URL
2013/05/08 (Wed) 17:50

 加藤先生の講義は、滅多切りが魅力でした。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する