FC2ブログ

今日は町内対抗子供会ソフトボール大会

 今日は町内対抗子供会ソフトボール大会でした。
 次女が出るので朝から伊島小学校へ。

 伊福西町は準優勝でしたが、次女は、三振、三振、ぼてぼてのピッチャーゴロで1塁でアウトでした。

私がマッキンゼーを辞めた理由


私がマッキンゼーを辞めた理由  ―自分の人生を切り拓く決断力― (ノンフィクション単行本)私がマッキンゼーを辞めた理由 ―自分の人生を切り拓く決断力― (ノンフィクション単行本)
(2013/07/10)
石井 てる美

商品詳細を見る


 東大工学部 → 東大院 → マッキンゼー → お笑い芸人

 マッキンゼーは、過酷だ。
 著者は、電車に飛び込んだら自分から逃げたことになるから「車が轢いてくれたらいいのに」と思う日々を過ごす。
 そして仕事を続ける3つの条件に今の仕事があてはまるか考える。
 
  1 好きかどうか
  2 人より得意か
  3 その先に目標があるか

 一つずつ検証してすべてNOだったのでマッキンゼーを辞める決断を下す。
 マッキンゼーのモットーは「即断、即決、即行動」だ。
 ということでワタナベコメディアンスクールを受け合格。

 決断するとは、(他のものを)「捨てる」こと。
 決断は自分が正解にする!

 ということで、「いつまでもウジウジしてないで、思い切ってさっさと前に進むんだ!」。








はじまりのことば 第15回E

 民法演習2(金取法演習)の授業は5分早くはじめて、「はじまりのことば」という時間を設けています。
 いろいろな本の一節を紹介しています。
 なお、時間どおりに来てもかまわないので、開始時刻にくる学生もいます。

 前期の講義は今日で終わりです。あっという間でした。
 時間のたつのは早いものです。人生もあっという間に過ぎ去ってしまうのでしょう。
 今回は、マタイによる福音書5章41節です。

 「だれかが、一ミリオン行くように強いるなら、一緒に二ミリオン行きなさい。」

 
マタイによる福音書マタイによる福音書
(1988/01)
フランシスコ会聖書研究所

商品詳細を見る



☆ 参考 ☆

 第1回 旧約聖書 伝道の書
 第2回 道元   典座教訓
 第3回 スティーヴン・R・コヴィー著『7つの習慣』
 第4回 マルクス・アウレリウス著『自省録』
 第5回 パーシー・ホジソン 著 「奉仕こそわがつとめ」
 第6回 新約聖書 「ヨハネによる福音書」
 第7回 蓮如 白骨の御文
 第8回 白隠 「隻手音声」
 第9回 坂口寅之助著『1年で偏差値を20上げた驚異の勉強法』
 第10回 中間試験コメント
 第11回 新約聖書 マタイによる福音書
 第12回 旧約聖書 サムエル記12章1節~7節
 第13回  なし
 第14回 曾野綾子と尻枝正行の往復書簡集「別れの日まで」

山口先生の書評

 資格を取ると貧乏になります ← クリック

 以下、ポイントです。なるほどですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 弁護士は自営業
 弁護士は自営業。
 会社員や公務員と同じ気持ちで弁護士の仕事をしようとすると、本書に書かれているように貧乏になります。

■ 司法試験合格率8割はウソ。
 2004年だったか、辰已法律研究所…が大学で法科大学院に関する説明会を行い、その場で合格率8割は実現できるのかをシミュレーションした。その結果、初年度は合格は高いものの8割には届かず、その後の試験では合格率は20%から30%ぐらいと予測していた。

■ 法科大学院の実情
 好き好んで、敢えてこれほどの苦難に向かっていこうとする人が何千人、何万人といるかと思うと、呆れるほど凄いと思う。

■ 過当競争になりダンピングが起こる
 なぜ士業の商売は過当競争になりダンピングが起こるのかというと、それは他の人でもできる仕事をしているから。
 弁護士ならば、契約書作成だとか、過払い金返還請求だとか、ルーチンワークで対処できそうな仕事をメインにしていると、ダンピング環境に巻き込まれる。

■ 職域
 職域を設定すると、「その職域内の仕事しかしちゃいけない」と思い込む人がいて、その狭~い枠の中に閉じ込められて、にっちもさっちも行かない状況になってしまう。
 弁護士が寿司屋で仕事? それでもいいじゃない。
 
■ 結論
 資格を取ることと仕事をすることは別の問題なので、両者を直結させてはいけない。
 自営業で商売する。ベンチャー企業を立ち上げる。フリーランスで仕事をする。こういう心持ちで資格業に接すれば、大きな失敗をする可能性を回避できると思う。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 弁護士は自営業
 自営業ですから経営基盤は、ローができる前から非常に脆弱です。

■ 司法試験合格率8割はウソ
 辰已の言っていたとおりになりました。
 でも、旧司法試験の合格率は数%でしたらからマシです。

■ 法科大学院の実情
 志望者は激減中です。

■ 過当競争になりダンピングが起こる
 法テラスの価格破壊もありますから、さらに苦しくなっていると思います。

■ 職域
 職域を拡大したり破壊する人々登場しており、これは評価できるのでは。

■ 結論
 資格≠職業ということです。


法科大学院生の生き残り戦略

 ここ ← クリック

 続きを期待しましょう。

明日は香川大学です!

 ここ ← クリック

はじまりのことば 第14回

 民法演習2(金取法演習)の授業は5分早くはじめて、「はじまりのことば」という時間を設けています。
 いろいろな本の一節を紹介しています。
 なお、時間どおりに来てもかまわないので、開始時刻にくる学生もいます。

 前回(第13回)は、はじまりのことばはお休みでした。
 今回は、曾野綾子と尻枝正行との往復書簡集「別れの日まで」から引用しました。
 尻枝正行神父が、神父になったきっかけの書簡のところです。


心に奇蹟を起こす対話 別れの日まで心に奇蹟を起こす対話 別れの日まで
(2006/04)
曽野 綾子、尻枝 正行 他

商品詳細を見る


☆ 参考 ☆

 第1回 旧約聖書 伝道の書
 第2回 道元   典座教訓
 第3回 スティーヴン・R・コヴィー著『7つの習慣』
 第4回 マルクス・アウレリウス著『自省録』
 第5回 パーシー・ホジソン 著 「奉仕こそわがつとめ」
 第6回 新約聖書 「ヨハネによる福音書」
 第7回 蓮如 白骨の御文
 第8回 白隠 「隻手音声」
 第9回 坂口寅之助著『1年で偏差値を20上げた驚異の勉強法』
 第10回 中間試験コメント
 第11回 新約聖書 マタイによる福音書
 第12回 旧約聖書 サムエル記12章1節~7節

吉岡先生のブログ

 吉岡友治の三日坊主通信 ← クリック

 株や為替もそうだが、上がったものは下がるし、下がったものは必然的に上がる。今、有利とされないものが、数年後に有利になる。そういうものだ。就職だって、そのときの花形産業をねらうと失敗する。そのときの花形産業なんて、二十年後は衰退産業に決まっている。1960年代の時点で繊維産業に入った人は、その後どうなっただろう? それだけのことが分かっているのに、相も変わらず、皆「そのときの花形」に注目するのは情けない。

 そういう意味から言えば、今、法科大学院はチャンスだと思う。期待値が下がると同時に、倍率が下がっており、有名校に楽に入れる。有名校に入れば、学歴が身につくとともに、司法試験対策も短期間でできる。いくら「司法試験合格率が低い」と言っても、法科大学院以前の合格率に比べたら、20%はまだまだ驚異的な高確率だ。




法科大学院志望理由書―問題発見と展開の技術法科大学院志望理由書―問題発見と展開の技術
(2004/08)
吉岡 友治

商品詳細を見る



法科大学院小論文 発想と展開の技術法科大学院小論文 発想と展開の技術
(2005/07/28)
吉岡 友治

商品詳細を見る

基礎知識確認テスト 1年生達成状況

5130
5130

4523
4468
4058

3782
3504

3458

3158
3148
3136

 809 ← このままだと単位が・・・あぶない。。。

インハウスで活躍する

 慶應法科大学院 ← クリック

 岡大もOATCが積極的にインハウスを展開しているのだから特集が組めそうですね。
 動画でやればインパクトがあるかな。

昨日の岡大ロー学生用連絡掲示板

 昨日の岡大ローの学生連絡掲示板です。
 予備試験論述を受ける9人にはがんばってもらいたいものです。

yobi25

本日、6時15分RSK イブニングニュースに注目

 本日、6時15分からのRSKイブニングニュースで、岡大ローの組織内弁護士の特集が放送されます。
 是非、ご覧下さい。

2014年「法科大学院全国統一適性試験」実施結果

 ここ ← クリック

 入学有資格受験者 実人数 3,994人

 この数字だと、来年は入学者がゼロのローも出そうですね。
 適性試験は、廃止した方がいいのではないでしょうか。
 実際のところ適性もはかれてませんから、単なる障壁です。

上位14ローの合格率

 予備試験短答合格者数の上位14ローは以下のとおりだった。
 
 ☆ 上位14ロー ☆

 東京   74名
 慶応   55名
 中央   42名
 早稲田  39名
 京大   36名
 一橋   25名
 神戸   14名
 大阪   11名
 九州   11名
 北大   11名
 岡山    9名
 首都大   8名
 上智    6名
 名古屋   6名

 では、14ローを合格率で並び替えるとどうなるだろうか、ということでやってみた。

 東京   74名  41.6%
 京大   36名  39.6%
 慶応   55名  35.3% 
 一橋   25名  34.7%
 岡山    9名  25.0%
 中央   42名  23.6%
 北大   11名  22.4%
 早稲田  39名  20.9%
 九州   11名  20.0%
 神戸   14名  19.7%
 首都大   8名  18.2%
 大阪   11名  14.1%
 名古屋   6名  13.3%
 上智    6名  10.9%

岡大ロー予備試験短答合格者9名

 ここ ← クリック

 8人まで名前がわかっているんだが、あと一人は誰だろう?

☆ 上位14ロー ☆

 東京   74名
 慶応   55名
 中央   42名
 早稲田  39名
 京大   36名
 一橋   25名
 神戸   14名
 大阪   11名
 九州   11名
 北大   11名
 岡山    9名
 首都大   8名
 上智    6名
 名古屋   6名

はじまりのことば 第12回

 民法演習2(金取法演習)の授業は5分早くはじめて、「はじまりのことば」という時間を設けています。
 いろいろな本の一節を紹介しています。
 なお、時間どおりに来てもかまわないので、開始時刻にくる学生もいます。

 今回は、旧約聖書 サムエル記12章1節~7節 です。
 ここでは口語訳で紹介します。

 バト・シェバの入浴で有名なシーンです。

 主はナタンをダビデにつかわされたので、彼はダビデの所にきて言った、「ある町にふたりの人があって、ひとりは富み、ひとりは貧しかった。
 富んでいる人は非常に多くの羊と牛を持っていたが、
 貧しい人は自分が買った一頭の小さい雌の小羊のほかは何も持っていなかった。彼がそれを育てたので、その小羊は彼および彼の子供たちと共に成長し、彼の食物を食べ、彼のわんから飲み、彼のふところで寝て、彼にとっては娘のようであった。
 時に、ひとりの旅びとが、その富んでいる人のもとにきたが、自分の羊または牛のうちから一頭を取って、自分の所にきた旅びとのために調理することを惜しみ、その貧しい人の小羊を取って、これを自分の所にきた人のために調理した」。
 ダビデはその人の事をひじょうに怒ってナタンに言った、「主は生きておられる。この事をしたその人は死ぬべきである。かつその人はこの事をしたため、またあわれまなかったため、その小羊を四倍にして償わなければならない」。
 ナタンはダビデに言った、「あなたがその人です。…」




☆ 参考 ☆

 第1回 旧約聖書 伝道の書
 第2回 道元   典座教訓
 第3回 スティーヴン・R・コヴィー著『7つの習慣』
 第4回 マルクス・アウレリウス著『自省録』
 第5回 パーシー・ホジソン 著 「奉仕こそわがつとめ」
 第6回 新約聖書 「ヨハネによる福音書」
 第7回 蓮如 白骨の御文
 第8回 白隠 「隻手音声」
 第9回 坂口寅之助著『1年で偏差値を20上げた驚異の勉強法』
 第10回 中間試験コメント
 第11回 新約聖書 マタイによる福音書


 

昨日は松山大学 → 愛媛大学と行脚の旅

 昨日は、朝9時ちょっと過ぎの高速バスで松山へ。

 バスの待合室で西田先生に偶然遭遇。
 西田先生が旅立たれてしばらくして神例先生登場。
 神例先生とバスで一路松山へ。

 12時くらいに松山に到着。

 神例先生ご推薦のつけ麺を食べる。
 商店街を歩く。
 路面電車に乗って鉄砲町へ。
 鉄砲町で路面電車を降りて松山大学へ。

 松山大学で、神例先生がパワポで岡大ローの説明。
 神例先生の次に、僕のミニ講演会。
 4時終了。

 松山大学の人の話だと、広島大学は昨年からやっているそうでした。

 道を隔てた愛媛大学の総研棟2の4階へ。
 元岡大ロー教授の小田先生のところへ。
 共同研究室でロー志望の学生のみなさんと懇談会。

 終了後、小田先生に大街道まで送ってもらう。
 夜6時過ぎに大街道から高速バスに乗り、岡山駅に9時前に到着。
 歩いて家へ。
 9時ちょっと過ぎに家に到着。

 ということで1日が終わりましたが、松山大学や愛媛大学の学生さんにいろいろと刺激をもらいました。