FC2ブログ

地理の勉強

 同じく地理の勉強について聞かれたのでまず次の2冊を読むようにアドバイスした。

1 春休み~4月

  山岡先生の『地理B教室』のPart1とPart2


山岡の地理B教室―大学受験地理 (Part1) (東進ブックス―気鋭の講師シリーズ)山岡の地理B教室―大学受験地理 (Part1) (東進ブックス―気鋭の講師シリーズ)
(2001/12)
山岡 信幸

商品詳細を見る



山岡の地理B教室―大学受験地理 (Part2) (東進ブックス―気鋭の講師シリーズ)山岡の地理B教室―大学受験地理 (Part2) (東進ブックス―気鋭の講師シリーズ)
(2002/09)
山岡 信幸

商品詳細を見る


  これを読んだというので、山岡先生の本には地誌が載っていないので、次の2冊を読んだらといった。

  村瀬先生の『地理Bをはじめからていねいに』系統地理編と地誌編


村瀬の地理Bをはじめからていねいに 系統地理編 (東進ブックス センター試験 名人の授業)村瀬の地理Bをはじめからていねいに 系統地理編 (東進ブックス センター試験 名人の授業)
(2012/09/21)
村瀬 哲史

商品詳細を見る



村瀬の地理Bをはじめからていねいに 地誌編 (東進ブックス センター試験 名人の授業)村瀬の地理Bをはじめからていねいに 地誌編 (東進ブックス センター試験 名人の授業)
(2012/10/04)
村瀬 哲史

商品詳細を見る


 これももう少しで読み終わるというので次は、問題演習で実践だ。
 センター試験が手頃な問題がそろっている。

2 1学期の間に

  センター試験過去問研究 地理B

 これを夏休み前までに終えてあとは、志望校の過去問をひたすら解き、足りないところをつぶしていく。。。


センター試験過去問研究 地理B (2015年版 センター赤本シリーズ)センター試験過去問研究 地理B (2015年版 センター赤本シリーズ)
(2014/04/10)
教学社編集部

商品詳細を見る



大学入試センター試験過去問レビュー地理B 2015 (河合塾シリーズ)大学入試センター試験過去問レビュー地理B 2015 (河合塾シリーズ)
(2014/05)
河合出版編集部

商品詳細を見る



3 夏休みから 赤本と青本と以下の本

 センター試験の過去問をつぶした後に、さらに志望校の過去問を10年分くらいつぶしたて余力があれば、志望校は記述問題が出るので次の本を読むのがいいのではと思っているが。
 どんなもんだろうか。


実力をつける地理100題 改定第3版実力をつける地理100題 改定第3版
(2010)
Z会出版

商品詳細を見る



納得できる地理論述 (河合塾シリーズ)納得できる地理論述 (河合塾シリーズ)
(2009/09)
伊藤 彰芳、佐藤 裕治 他

商品詳細を見る



地図と地名による地理攻略 (河合塾シリーズ)地図と地名による地理攻略 (河合塾シリーズ)
(2007/10)
権田 雅幸

商品詳細を見る

小論文の勉強

 以前も書いたような記憶があるが、長女のいきたい大学の入試に小論文があるので、どのように勉強したらいいかのと質問されたので、次の本を読むようにアドバイスしたところ読了したようだ。

 1 出口先生の『小論文講義の実況中継』1、2、3の3冊
 2 出口先生の『出口の好きになる現代文 小論文対策編』

 あとは実際に制限時間内で書いてみないとお話にならないのだが、岡山だと添削付きの小論文の講座は代ゼミと東進しかない。
 希望の大学向けの小論文の講座は東進の樋口先生のしかなかったようなのでそちらを申し込んだようだ。
 はてさて添削の結果はどうなるか。


出口小論文講義の実況中継―大学入試 (1)出口小論文講義の実況中継―大学入試 (1)
(1999/04)
出口 汪

商品詳細を見る



出口小論文講義の実況中継―大学入試 (2)出口小論文講義の実況中継―大学入試 (2)
(1999/05)
出口 汪

商品詳細を見る



出口小論文講義の実況中継―大学入試 (3)出口小論文講義の実況中継―大学入試 (3)
(1999/10)
出口 汪

商品詳細を見る



出口の好きになる現代文 小論文対策編出口の好きになる現代文 小論文対策編
(2013/10/18)
出口 汪

商品詳細を見る


言葉の力

 僕の一族には日蓮宗の坊さんが多いのですが、日蓮上人の言葉に次のようなものがあります。

「我が門家は夜は眠りを断ち昼は暇(いとま)を止めて之を案ぜよ、一生空しく過ごして万歳く悔ゆること勿れ」(富木殿御書)

 あと、僕は同志社出身なので、新島襄先生の次の言葉もあります。

「男子たるものは、1度戦って負けてもやめてはならない。2度目、3度目の戦いのあとでもやめてはならない。刀折れ矢尽きてもなお、やめてはならない。骨が砕け、最後の血の一滴まで流して、初めてやめるのだ」(新島襄)

 昔、司法試験受験生だったころの僕にとって「之」や「戦い」は、司法試験だったので、この2つの言葉を机の前にはって勉強していたのをふとさっき思い出しました。
 只管打坐ではなく只管司法試験の勉強だったのです。


今日も朝からOSK

 新入生オリエンテーションで
 僧堂に入ったつもりで規則正しい生活をしてください。
 まず、早朝から活動を始めることが肝要ですとアドバイスした。

 ということで、私も毎朝5時に起き、OSKでトレーニングするなどして1日の活動をはじめている。
 今日も、5時に起きて、6持30分からOSKに行ってトレーニングしてきた。
 ほんとは朝の5時には行きたいのだが、朝6時半からが営業時間なのでいたしかたないのです。

 OSK ← クリック