FC2ブログ

3DSは終わってる。。。

 下の子が誕生日のプレゼントに3DSが欲しいというのでまだ少し早いが、今だと山田電器で買えばネット価格と同じくらいでACアダプタやいろいろな小ものがただでもらえるので買った。


3DS LL ミントXホワイト (SPR-S-MAAA)





 さて、インターネットに接続できるようにして、子どもがyoutubeが見たいというので接続したところ見られなかった。ブラウザが対応していないのだ。今の時代にyoutubeなどの動画をみることができないブラウザを平気で乗せて改善する気もないなんて、終わってるというしかない。3Dの画面はみていると気持ち悪くなるし。。。

 しかし、子どもは一緒に買ってきたスーパーマリオ3Dランドを楽しそうにしているのでまあいいか。
 おもちゃメーカーに高度ないろいろな機能を要求するのも酷かもしれないし。

御堂関白記など登録決定=ユネスコ記憶遺産—文科省

 ウォール・ストリート ← クリック

 文部科学省は19日未明、国宝「御堂関白記」と「慶長遣欧使節関係資料」について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が記憶遺産に決定したと発表した。


           最近 この  ↓ 本を読んだので感慨深い。

 

藤原道長の日常生活 (講談社現代新書)藤原道長の日常生活 (講談社現代新書)
(2013/03/15)
倉本 一宏

商品詳細を見る


怠惰の思想


年寄「いい若者がなんだ。起きて働いたらどうだ」

若者 「働くとどうなるんですか」

年寄 「働けばお金がもらえるじゃないか」

若者 「お金がもらえるとどうなるんですか」

年寄 「金持ちになれるじゃないか」

若者 「金持ちになるとどうなるんですか」

年寄 「金持ちになれば、寝て暮らせるじゃないか」

若者 「はあ、もう寝て暮らしてます」

             多田道太郎『怠惰の思想』

今日の一押し

 ここ ← クリック

今日買った本


憲法ガール憲法ガール
(2013/05/29)
大島 義則

商品詳細を見る



数字でわかる会社法数字でわかる会社法
(2013/04/27)
田中 亘、飯田 秀総 他

商品詳細を見る



刑法演習ノート―刑法を楽しむ21問刑法演習ノート―刑法を楽しむ21問
(2013/05/21)
只木 誠、奥村 丈二 他

商品詳細を見る


人生を考える

 ここ ← ここをみて

 ここ ← 次にここをみる

 それにしても天地真理はすごい。
 どちらも楽しんでる。

この無駄な努力をやめなさい


このムダな努力をやめなさい: 「偽善者」になるな、「偽悪者」になれこのムダな努力をやめなさい: 「偽善者」になるな、「偽悪者」になれ
(2012/10/09)
成毛 眞

商品詳細を見る


 元日本マイクロソフト社長の成毛氏の本だ。
 内容は

  頑張らない。我慢しない。根性をもたない。
  いい人を放棄する。みんなに好かれてもしょうがない。
  こだわらない。執着しない。朝令暮改をどんどんする。
  人に期待しない。つきあう価値のない人とは1分たりともつきあわない。
  相手を説得しない。馬鹿には何を言っても無駄。
  嫌いなことは人にやってもらおう。
  家族を大事にしよう。
  近江商人に学ぼう。
  結局すべては運できまる。

 でした。

無料の大学受験予備校

 ● 無料

 無料オンライン予備校エブリデイ ← クリック

 manavee ← クリック

 ラニノベ ← クリック

 ソーシャル予備校 ← クリック

 ● 定額

 受験サプリ 月額980円 ← クリック





あなたの店をつぶさない法則


あなたの店をつぶさない法則あなたの店をつぶさない法則
(2012/06/29)
河原 成美

商品詳細を見る


 岡山にも一風堂はあるが、一風堂の創業者の書いた本である。
 ほとんどの店は1年でつぶれる。
 確かにそうだ開店したかと思うとあっという間に閉店している。
 では、店をつぶさないためにはどうしたらいいか。

   目標をつくる。夢を語る。情熱を忘れない。
   お金をつかわず頭と体を使って集客する。
   挨拶・5S(環境整備、特に掃除)・感謝・笑顔
   理念の共有、ルールの共有(現場十則、身だしなみの基準、挨拶の心得)
   排他的な空間をつくらない。
   今・今・今、毎日が創業
   つぶれる店は、人(店主・従業員)の心がその前に死んでいる。

 とっても勉強になった。

残念な案内

 同志社大学法学研究会から、島根(出雲・松江)で法律相談するから同行してくれという依頼が来た。
 しかし、残念なことに僕の「名前」が思いっきり間違っている。井藤を伊藤とする名字の間違いは多いが、下の名前を間違えるのは珍しい。
 また、昨年は、倉敷でしたそうだが、岡山駅から電車でたったの15分の倉敷なら依頼してくるのは理解できるが、岡山から216キロ(高速バスで3時間58分)も離れた島根に同行してくれという依頼がなぜ僕になされたのかは、まったくの謎というしかない。
 ということで、僕の名前も間違ってるし、8月末は再試験の準備などでとても忙しく、場所が遠いのでお断りすることにした。
 それにしても、とっても残念な案内であった。

 なお、同志社大学法学研究会に属したことは一度もないのだが、十年くらい前に岡山市で移動法律相談が行われたときには同行の依頼があったので同志社出身として喜んで協力・参加したことはいうまでもありません。