FC2ブログ

買った本

 研究費が配分され使えるようになったので本を生協で買った。


会社訴訟の基礎 (裁判実務シリーズ6)会社訴訟の基礎 (裁判実務シリーズ6)
(2013/05/08)
東京地方裁判所商事研究会

商品詳細を見る



要件事実判例演習 民法債権総論要件事実判例演習 民法債権総論
(2013/05/22)
大江 忠、辻 健吾 他

商品詳細を見る



基礎から実務へ 民事執行・保全基礎から実務へ 民事執行・保全
(2013/05)
京野 哲也、今井 隆一 他

商品詳細を見る



解析 民事訴訟 第2版解析 民事訴訟 第2版
(2013/05/25)
藤田 広美

商品詳細を見る



原稿の締め切り~自転車操業

 5月末締め切りの原稿がある。

 現時点で一文字も書いていない。
 今日は5月28日である。

 今日も2限・3限、要件事実民刑事法演習から4限、法解釈入門まであり夜は弁護士会の法科支援委員会だ。
 明日の打ち合わせの資料を、帰ったら作らないといけない。
 今日もそして明日も一文字もかけないだろう。

 あぁ。こうして締め切りは無視されていくのである。


今日は運動会

 今日は次女の小学校の運動会です。
 ということで、早朝から夕方まで運動場で一日過ごすわけです。

25undoukai


 その後、会議があったので、片付けに参加せずそちらに急いで参加しました。

今日読んだ本


俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方
(2013/04/03)
坂本 孝

商品詳細を見る


 ブックオフの創業者が、次にチャレンジしたのが飲食店。
 盛和塾の塾生さんなので稲盛イズムが随所にでてきました。
 儲かるポイントは、回転率をあげることでしょうか。

 おまけ ← クリック

コチャン高校 職業選択の十戒

 ソウル白熱教室で、コチャン高校の職業選択の十戒が紹介されていた。

1  給料が少ないほうを選べ
2  自分が望むところではなく、自分が必要とされるところを選べ
3  昇進のチャンスがほとんどないところを選べ
4  すべて条件がそろっているところは避けて、イチからはじめねばならない荒れ地を選べ
5  先を争って人が集まるところには絶対に行くな。だれも行かないところに行け
6  将来性がまったくないと思われるところに行け
7  社会的な尊敬が期待できないところに行け
8  まんなかではなく、はじに行け
9  両親や配偶者、婚約者が命がけで反対するところならまちがいなし。迷わず行け
10 王冠ではなく断頭台が待つところに行け

 確かにそのとおりだが、人間にはなかなか実行できない。

ソロモン流『賢人:須藤元気』

 昨日は、神戸に家族で買い物に出かけた。
 夜、帰ってきてテレビをつけると「ソロモン流」に須藤元気が出ていた。




 ・須藤元気の元気は「がんばれ元気」からついた
 ・ダンスの動きと服装はハリウッド映画に出てくる日本人
  「THIS IS JAPAN」これこそ定型的日本人
 ・本当にできる人っていうのはできる人を周りに固める
 ・本当に頭いい人は頭のいい人の頭を使う人
 ・格闘技の技は、バーチャファイターを参考にした
 ・本は速読、1冊30分くらいで読み、複線で読む
 ・読者に構えさせない文章作り
 ・人って「笑うとその人を嫌いになれない」っていう習性がある
 ・迷った時はコイン投げが一番。この世界に偶然はないから
 ・人が面白いねというものは、想像の範囲内なので、すでに存在するから駄目ということ
 ・人が目にする作品は、妥協しない
 ・よくなるには回数やらなきゃダメ。体に染み込ませないと
 ・自宅(ログハウス)は、北海道・網走郡の女満別空港から車で30分の場所にある
 ・ネコは呼んでもこないからいい

 さすが、宇宙人と交信する須藤元気だ。勉強になった。


バシャール スドウゲンキバシャール スドウゲンキ
(2007/11/23)
須藤元気、ダリル・アンカ 他

商品詳細を見る




「小山薫堂×佐藤可士和~もったいない男 整理する男」

 昨日の教育テレビ
 【SWITCHインタビュー 達人達(たち)
  「小山薫堂×佐藤可士和~もったいない男 整理する男」】
 が面白かった。

 小山薫堂  捨てられない、「答えは自分にある」「もったいない」
 佐藤可士和 整理整頓、「答えは相手の中にある」「意味あるの?」

 小山薫堂の事務所の受付がパン屋なのは有名だが、
 法律事務所の1Fあるいは受付をカフェにしたらどうだろうかと昔考えたことがあったな。

僕は、だれの真似もしない


僕は、だれの真似もしない僕は、だれの真似もしない
(2012/07/23)
前刀 禎明

商品詳細を見る


 黒のタートルネックとジーンズを着てもスティーブ・ジョブズにはなれない。
 それはそうだが。。。
 「Connecting the Dots」という有名なジョブズのスピーチの言葉も出てきたし「Think different」というアップルの宣伝文句も出てきた。
 「Insanely Great」(半端じゃなく狂ったようにすごい)というのはジョブズの口癖だが、それを求めろ。
 確かにそうでなくっちゃね。
 究極のガラケーを作っても、スマートフォンが出たら終わり。
 世界は一瞬で転換していく。求めるのは、狂ったようにすごいもう何段も違う次元のものだ。
 iphoneが売れるのは、いろんな会社からたくさんの種類のケースが出てるから。それに、そのままでもお洒落だ。確かに、僕の子供たちは、いろいろなケースを買って楽しんでいる。
 僕の持っているレグザタブレットなんて、トー芝とでかく書いてあって恥ずかしいったらありゃしない。せめてレグザと書けないもんか。