FC2ブログ

【改訂版】辰已法律研究所のネット進化系

 辰已法律研究所が、ウェブへ軸足を移すそうだ。



 確かに、今はスマホで映像授業を見る時代で、教室に人を集める時代ではない。
 だから、方針としては正しいと思う。

 ただ、辰已は老舗だけに旧態依然としたところがあるので、以下のような点を改善したらどうだろうかと思う。

1  ウェブサイトが古い。作り直したほうがいいのではないかと思う。
2  各校舎にはビデオブースがあるが、いまどきビデオブースなどで見る人はいないので撤去。
3  ベースとなる講座(基礎講座、短答の知識インプット系の講座、過去の人気のあった合格者の講座等)はネットで定額見放題にしたらいいのではないだろうか。ただし、テキストは別途購入が必要とする。なお、基礎講座はすべての辰已のやっている司法試験以外の資格試験のものも見放題とする。
4  最新の合格者の講座、著名な大学教授の講座、直前期の山あての講座、選択科目の講座などは、オプションで別料金(会員価格:見放題会員以外の会員外価格より少し安くする)で受講するようにする。なお、見放題会員以外の会員ももちろん非会員価格で講座をとることができる。
5  辰巳といえば、短答や論文の模試や直前の公開模試である。これは、会場をもっと増やして、答練会員は、3の講座を答練期間見放題とする。4は会員価格で申し込めるようにする。
6 公開模試などは各大学(あるいは各大学の司法試験のための団体)と提携してTKCがやっているように成績を提供して指導の参考にしてもらう。
7 無料公開講座を視聴したり書籍のおまけ資料などを請求するときに詳細に個人情報を記入させているが、いまどき個人情報の入手は最小限にすべきなので、メールアドレスの記入だけで済むようにして、ただし、辰巳のいろいろなを案内を載せたメールをそのアドレスに送ることに同意してもらう。
8 パンフレットは、PDFにしてウェブで配布するだけにする。
9 本試験速報などの情報も、すぐにリンクを切らずに古いのも整理して過去すべてのものをみられるようにしておく。特に「司法試験合格の形」などの冊子は、PDFにして過去のものも含めてダウンロードできるようにする。宣伝のための冊子なんだからいちいち郵送させるなんて、今の時代にパンフや冊子を郵送で送ってくれなどと申し込む人はいない。
10 書籍類はamazonだけに特化して Kindle+POD出版 で、スピーディーに出版する。
11 若手の大学教授の講座や定番の演習書をテキスト(答案をつける)にした講座などのオプション講座を充実させる。
12 選択科目の体系的講座や改正法の講座を充実させこれらは弁護士でも気軽に申し込めるようにする。


 また、思いついたら追加します。

BOX整理術

 デザイナ-の佐藤可士和は、箱で整理している。
 → 参考(ここクリック)
 そこで、僕もまねしてみることした。
 ここで使われている箱 ↓ は、高い(3枚で1882円)。

フェローズ バンカーズボックス 703ボックス A4ファイル用 黒 3枚パック 対荷重30kg
フェローズ バンカーズボックス 703ボックス A4ファイル用 黒 3枚パック 対荷重30kg


 ということで、僕は1枚100円のセリアの箱(Plenty Box)を買ったのだった。

 参考 → ここ

 これで佐藤可士和のように整理できるかな。。。