2017年司法試験合格祝賀会

 2017年9月22日金曜日に岡山大学法科大学院の司法試験合格祝賀会が盛大に開催されました。

2017shkuakai



平成29年度 司法試験 合格おめでとうございます。

 合格おめでとうございます。

 高上 賢治 君
 千葉 隆志 君
 竹尾 和晃 君
 玉野 真紀 さん
 北内 佑弥 君
 埋橋 隆 君
 岡  佳佑 君
 岡田 湧介 君
 宮本 将和 君



香港 覚書

 お盆休みに香港に家族ででかけました。

○ 関空→香港

  関空で両替  @Y15.77

  キャセイ・パシフィック航空503:機内食はまあまあ。ドリンクサービスあり。
    野村萬斎の「花戦さ」という映画をみていたらついた。

  飛行機を降りるとしばらく歩いて、下に降りてAPM(シャトル)で移動。
  入国審査に向かっていると両替所があったので、昔中国に行ったときに残った人民元を香港ドルに両替した。

  入国審査:なにもきかれず。あっさり通過。
   複写式の入出国カード:2枚目の出国カードは出国時に必要。
   入国記録が印刷された小さな紙を渡されたが、これは出国時には必要なかった。

  荷物受取:似たようなスーツケースが多い。
   間違えないように変わった色のものにするか、目印のでかいステッカーを張っておくことが必要だと思った。

○ パンダホテル(2泊)

 ☆1日目

  チェックイン時にデポジットを1200香港ドルとられた。ろくなもんじゃない。
   チェックアウト時に、忘れないようにデポジットの紙をみせて1200香港ドルを返してもらった。
  トイレの水が流れにくかったので、流すのに大変苦労した。
  下にイオンのスーパーがあったので水を安く買えたのは便利だった。
  一般に海外のスーパーでは日本に売っていない商品に出会えるがイオンにはなかった。
  香港資本のスーパーにはあるだろうといってみたが、やはりなかった。

  夜は海鮮料理を食べたが、味は普通。

 ☆2日目

  ・春秧街マーケット:今朝殺された豚が解体され転がっていて臭い。
  ・2階建てトリムで移動
  ・スタンレーは行く価値なし。
  ・香港仔(アバディーン)でサンパン(船)に乗る。
    昔香港に来たときに食事にいった水上レストランがあったが、今は行く人がいないそうだ。
  ・スターフェリーで移動
  ・尖沙咀東部海濱公園(プロムナード)で時計台を見る。
  ・1881Heritage(時間球塔)
   その後、観光客お約束の店へ
    ・シルク店
    ・高反発枕(香取慎吾がTV番組で来たらしい)
    ・免税店
      香港には消費税のような付加価値税もないのになぜかDFSがある。
      中は中国人だらけで、経済力の上昇を感じた。
      中国のおばさんたちは、声がけたたましくでかいことが理解できた。
      値段は日本のネットで買う方が安いように思った。

   ・マクドで休憩
   ・北京料理
   ・シンフォニーオブライツ・・・せっかくの夜景を台無しにしているなと思った。

○ 3日目:香港ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジにチェックイン

  ディズニーランドで荷物を預けると1個80香港ドルくらいするのでホテルにまずいって荷物を預ける。
  チェックインの手続きをする。
  デポジットは不要だった。
  15時にならないと入れないので鍵の引換券をもらう。
  ホテルから、ディズニーランド行きのシャトルバスに乗る。

○ 香港ディズニーランド

  とても狭い。
  シンデレラ城みたいな城がとても小さい。
  夏休みでお盆なのに待ち時間がほとんどない。
  アトラクションもほぼ日本と同じ。

  ☆ 昼食:ロイヤル:バンケットホール(ファンタジーランド)
        グリル、中華、和食、ピザ4つのカウンターがあり、好きなところに並ぶ。
        僕はグリルを選んで並んだ。
        順番が来たら絵にかいてある商品の番号を指さす。
        番号札を渡される。並んで待つと番号札と引き換えに商品を渡される。
        僕は、ハンバーガーとコーラを選んだ。
        商品を渡されると、レジに行って支払う。
        その際、ディズニーホテル宿泊者はマンゴープリンのただ券をもらっているので、
       それを見せて、マンゴープリンを2つもらう。マンゴープリンは結構おいしかった。
        ハンバーガーは、いままで食べたもっともまずいハンバーガーよりさらにはるかにまずかった。
  
  ☆ 夕食:スターライナー・ダイナー(トゥモローランド)
        カウンターの手前に注文の場所があり、商品を注文して支払いをすると紙を渡される。
        あいているカウンターにいってその紙を渡すと商品を出してくれる。
        僕は、フィッシュ&チップスを注文した。まあまあの味だった。
        手が汚れないように、ビニールの手袋をくれた。
        子供たちはハンバーガーを注文したが、ここのはおいしいようだ。
        マンゴープリン券が残り2枚あるので、またもらおうと思ったら品切れだった。

  ☆ フードワゴン
        マンゴープリンの引換券でキャラメルポップコーンと引き換えてもいいので、
        スターライナー・ダイナーの前にあるフートワゴンでマンゴープリン券2枚を
        出して、キャラメルポップコーンを2つ貰う。けっこうおいしい。

  9時に花火とか、その前にパレードがあるが、アトラクションにはほとんど乗れたので
  その前にシャトルバスでホテルに帰る。

○ 香港ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジに戻る。

   鍵の引換券をフロントにみせて、カード型のカギをもらう。
   カードは、返さなくてよく、チェックアウト時間の11時になると自動的に使えなくなるそうだ。
   広東なまりの英語で、部屋の場所を教えてくれたが、よく聞き取れなかった。
   地図をくれたので、それをみながら歩いていたら部屋についた。

   部屋には、無料の水のペットボトルが4本おいてあった。
   バスタブはなくシャワールームだけだった。

☆ 4日目 帰国

○ 朝昼食:ドラゴン・ウィンド(ホテル2F)
      ビュッフェ形式のレストランである。
      ホテルの周りには何もないので、ホテルで食事することにした。
      チェックアウトが11時なので、その前に食べて昼食を兼ねることにした。
      受付で、部屋番号を聞かれたので、答えると席に案内された。
      いろいろな料理がならんでいるし、味もおいしかった。
      一通り食べてコーヒーを飲んでいると、支払いをしろと席にウエイトレスが来た。
      香港ドルの手持ちが少なくなっていたのでカードを出して支払いをした。
      朝食ビュッフェなのにめちゃくちゃ高かった。

○ 香港ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ チェックアウト
 
      部屋番号をいうとすぐに、チェックアウトが終わった。
      荷物を、預けて、ホテルをみてまわって迎えが来るまで時間を過ごした。

○ 香港出国

    キャセイ・パシフィック航空のチェックイン・カウンターで
    Eチケットとパスポートを4人分渡すと、航空券を発券してくれた。
    まだ、搭乗口は決まってなかった。
    次女のカバンが軽すぎて、別の預ける手続きが必要だと言われたので手荷物でもっていくことにした。

    チケットと航空券をもって手荷物検査を受ける。
    出国審査は、家族4人いっぺんにしてくれて、4人分のパスポート、搭乗券、出国カードを渡したらすぐに終わった。

    中に入ると、目の前にディズニーストア。
    その他、いろいろなショップがあるので、残った香港ドルを使い切るために買い物。
    最終的に2香港ドル残った。
  
    搭乗口が522番と発表されたので、ディズニーショップの前のエレベータで下に降りる。
    バスで飛行機前行くタイプだった。
    大行列だし飛行機の席は決まっているから急ぐ必要はないし、人が減るまで座ってまつ。
    人が減ったので並んで飛行機の搭乗券を見せて入り口を通過してバスに乗る。
    しばらくバスに乗ると飛行機の横にたどり着き、やっと飛行機に乗り込む。

    飛行機の出発がたてこんでいるらしく出発時間から40分ほどしてやっと離陸。
    そのため、来るときは映画が1本しから見られなかったが、帰りは
      海賊と呼ばれた男 と 本能寺ホテル
    の2本も見ることができた。

○ 関空到着

    本来の時間よりかなり遅れて関空に到着。
    到着後、関税の携帯品・別送品申告書を書いていないことに気が付きキャビンアテンダントに紙をもらいあわてて書く。
    書き終わるころにやっと通路の行列が動き始めたので、流れにあわせて飛行機から出ることができた。

    入国審査はすぐに終わり、検疫もなにごともなく通り過ぎ、
    スーツケースも2つすぐに流れて来て、関税では申告書を出すだけで何のチェックなくすぐに通過。
    ということで夜の11時前ころやっと第1駐車場4階へ。

    そこから、湾岸線→11号線→中国自動車道→山陽自動車道と高速をとばして
   深夜3時過ぎにやっと岡山の自宅にたどりいたのでした。

[読書] さよならカルト村。

 『カルト村で生まれました。』を読んで衝撃を受けたので、続編も読んでみた。
 中学までは一般の学校へ通うが、高校からは高等部という部署でただ働きをさせられる。一般社会へ出ると中卒だ。
 著者は運良く高等部終了後は、一般社会へ復帰できたが、運がよかったという面もあるだろう。
 大人が自分の意思でこのような集団生活へ入るのは自由だが、子供をまきこんでは親として失格だろう。


さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで
さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで


[企業法務] 企業犯罪と司法取引

 朝山道央先生から御著書をいただきました。
 ありがとうございます。

 著者の朝山先生は、関西学院大学3年生の時に司法試験に合格し、修習に行くまでの1年間、P&C入門講座のチューターとして僕のアシスタントをしてくれました。
 司法修習終了後は検事に任官し、現在は企業法務を担当する弁護士として活躍しています。

 本書は、日本版司法取引導入に伴う主に企業法務の観点からの実務についての解説書です。
 企業法務に携わる組織内弁護士、法務担当者、顧問弁護士には必携の1冊だと思います。

KINZAIバリュー叢書 企業犯罪と司法取引
KINZAIバリュー叢書 企業犯罪と司法取引

[司法試験]基本憲法Ⅰ 基本的人権

 伊藤健先生より御著書をいただきました。
 ありがとうございます。

 旧司法試験憲法は、芦部亜流人権パターンで書けば一丁上がりだったが、現行司法試験では、多くの受験生が樹海をさまよい脱出先を見いだせないでいる。
 本書は、予備試験や現行司法試験の受験生が司法試験に合格するために書かれた本であり、法的三段論法に基づき、権利概念や制度の定義からどのように判断枠組みを導き出し、どのように具体的あてはめをおこなえばよいかを学ぶことのできるように書かれている。
 本書を灯火として道をすすめば受験生は司法試験憲法という樹海から脱出する術を得ることがきっとできるだろう。

基本憲法I 基本的人権
基本憲法I 基本的人権





[読書]カルト村で生まれました


 平成の世にこのような集団生活をしているカルト村があるとは驚きだが。
 まあ、どの団体かはすぐに分かったけど。

カルト村で生まれました。
カルト村で生まれました。

ミステリーゾーン84(第3シーズン)

 ついにミステリーゾーンの最終刊である。

ミステリーゾーンDVDコレクション(84) 2016年 11/23 号 [雑誌]: ミステリー・ゾーンDVDコレクション84 増刊
ミステリーゾーンDVDコレクション(84) 2016年 11/23 号 [雑誌]: ミステリー・ゾーンDVDコレクション84 増刊


・ Rendezvous in a Dark Place(霊会のランデブー)
  老婆が自分も死神となる話。

・ Father and Son Game(生の証明)
  生前の脳を人工の脳に交換して生き続ける人は、はたして人か?
  哲学的問い、法律問題といろいろなことが問題となるが、死亡確認の訴訟を息子に起こされる。